学習塾で進学を目指す【NEW学までの道のり】

Hair Growth

苦手科目を克服しよう

学習塾の今後につきまして

近年、教育に力を入れる家庭が非常に増えています。良い大学に入って良い会社にはいらせることで、苦労が少ない人生を歩ませてやりたいという親心が背景にあります。そうしたことから、小学校に入ればほとんどの生徒が学習塾に通っています。それは、中学受験を控えているからという理由が全てではありません。それよりも、日々の学校の授業をきちんと身につけさせるという授業の補完的な役割として、学習塾に通わせているケースが多いのです。学習塾は集団指導と個別指導の二つがあり、今は個別指導が非常に人気があります。今後も個別指導塾はますます求められる傾向にありますが、集団指導もメリットがあるので、今後は混合形態の指導スタイルを取る学習塾が増える見込みにあります。子供を塾に通わせるご両親は、こうした傾向を把握しておいて損はありません。

学習上、注意すべき点につきまして

学習塾では、集団指導と個別指導の二つの指導スタイルがありますが、得意科目と苦手科目とで使い分けることが大切です。学校の授業でなかなか理解できない苦手科目を集団指導で学習しても、あまり効果はありません。ここが注意すべき点です。集団指導の授業は、むしろ得意科目で受けるべきです。それというのも、得意科目であればわからないことがあっても自己解決できるからです。基礎能力があるのとないのとでは、理解の速度も深度も全く異なります。苦手科目の場合は、集団指導で学習しても、疑問が次から次に生まれていきます。そして、それを解消しないまま授業だけ進んでいくので、結局授業についていくことが難しいのです。授業の合間に、その都度その都度質問できる個別指導の方が、苦手科目の場合は効果的です。このように指導スタイルに合わせて、どの科目を選択するかを決めることは、意外にも大切なことです。